バーチャルトレーナー

VRで従業員をトレーニングし、複雑な手順を学習する能力を分析できます

実際の作業環境の
シミュレーション

複雑なタスクを伴う仮想現場での没入型トレーニング

日々の仕事を中断することなく、標準の操作手順や緊急事態などにおけるタスクを安全に練習できます。

これらのタスクのパフォーマンスはログに記録、追跡され、トレーニングマネージャーと人事担当者が、トレーニングプログラムの有効性と従業員の能力に関する分析を得ることができます。

oculusLogo1
viveLogo1

統合されたコミュニケーション

遠隔トレーニングを活用すれば、トレーナーと研修生の間で、組み込みの音声通信および仮想環境での対象オブジェクトの強調表示など視覚的な合図・指示によってトレーニングを支援することができます。

企業様向けの設計

バーチャルトレーナーは、手順の練習、遠隔トレーニング、仮想認証などの企業トレーニング、および職業訓練やパイロットプラントのシミュレーションなどの教育アプリケーション向けに設計されています。

利用可能な学習モジュールは、バーチャルトレーナーのユーザーインターフェイスからアクセスでき、研修生や学生は選択したモジュールを体験できます。

マルチプラットフォーム

バーチャルトレーナーは、モバイルデバイスとタブレット、デスクトップ、ラップトップ、HTC VIVEやOculus Riftなどのヘッドマウントディスプレイをサポートし、対応機器は継続的に追加されています。

ガイダンスと評価

トレーニングの手順は、全ガイダンス付き、視覚的ヒント付き、アシスタントなしのいずれかの、段階的指示に分けられます。トレーナーが追加のガイダンスを提供したり、仮想空間内のバーチャルタブレットを介して、研修生が自由にタスクリストにアクセスできます。

各段階は記録され、結果がLMSやLRSシステムと同期されます。完了までの時間、段階ごとの時間、どのオブジェクトとやり取りしたかなどのトレーニングセッションのデータは、追加の分析や参照のために利用することができます。

特徴

  • トレーニングモジュール:手順の練習、遠隔トレーニング、仮想認証
  • マルチユーザー:1対1または1対多のトレーニングのサポート
  • マルチプラットフォーム:クロスプラットフォームVRトレーニング
  • 統合コミュニケーション:ボイスオーバーIP内蔵
  • ガイダンスと評価:タスクの完了と統合された評価のための段階的指示
  • SCORMプロトコルによる主要な大部分のLMSシステムのサポート
  • バーチャルタブレットによる指示やドキュメントの表示
  • イントラネットサイト、Webサイト、データシート、マニュアルなどの閲覧用アプリ内Webブラウザ

注目の使用事例

バーチャルリアリティを活用したトレーニングをご紹介します。(※EON Reality社のYouTubeチャンネルにジャンプします)

VIRTUAL REALITY AIRPORT TRAINING

Accenture Knowledge Worker Solution

EyeSim

Ground Crew VR Training

VIRTUAL REALITY TRAINING – COMPRESSOR OPERATION

VIRTUAL REALITY MEDICAL ALS VISUALIZER

Temasek Polytechnic Aerospace Apps

Offshore Virtual Technology Training

Virtual Anatomy Simulation

まずはお気軽に
お問い合わせください

資料請求・お問い合わせはこちらから